ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行の復元

2022年も、半分を過ぎましたが、SNSのオリエント急行クラスタでは、ビックニュースが寄せらました。

アコー・ホテルズ・グループのオリエント・エクスプレス社が、ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行(NIOE)の車両を復元して、2024年よりサービスを開始する予定とのことです。

ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行は、1977年から1991年にかけて、ワゴン・リ社の寝台車や食堂車・サロンカーなどで、パリとイスタンブールを結び運行され、1988年には、パリからユーラシア大陸を横断して来日し、オリエント急行88として、日本列島を縦断しました。

2015年に、ポーランド・ベラルーシ国境近くで発見されたノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行の車両です。

ポーランドで見つかった、Nostalgie Istanbul Orient Expressの車両がフランスに運ばれる時の動画です。
httOrient Express opuszcza Małaszewicze

https://youtu.be/hi2c6TZSKCw

実は、2018年にフランスのテレビ局 arte.tv で、このNIOEの車両が発見されフランスに運ばれるまでを、伝説の列車「オリエント急行」という番組の中で放映され、インターネット上でもオンデマンドで配信されていました。

フランスの新聞社ル・モンドのサイトでもこの番組のことが、紹介されています。

残念ながら、番組の公開は既に終了していますが、Youtubeで紹介動画が公開されています。

フランスの雑誌、チャレンジのサイトで、アコー・ホテルズ・グループは、オリエント・エクスプレス社の株式の50%をフランス国鉄(SNCF)より取得し、合弁事業を終了し完全に傘下としたと報じられました。

VSOEを運行するLVMH傘下のベルモンド社との競争が始まると予測しております。

アコー・ホテルズ・グループのサイトでは、プレスキットが配布されています。

いずれにせよ、正式発表は10月。発表が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。