オリエント急行の展示会

9月18・19日、第38回目のヨーロッパ遺産の日は、フランスの鉄道200年の歴史とTGVの40周年を祝い開催されました。

リール・フランダース駅では、オリエント急行の客車が展示され、ガイドツアーも開催されました。

19世紀のコスチュームを着たエキストラも、展示に華を添えSNSにもその模様が多く投稿されます。
リールでの展示に向けての送り込み回送のショットもInstagramに投稿されております。

この他にも、多くの方がSNSに投稿されております。Twitterへのリンクを貼っておきますので、ご興味のある方はご覧ください。

https://twitter.com/search?q=orient%20express%20lille&src=typed_query


さて、昨年9月、SNCFのオリエント急行の車両が、12月よりシンガポールで展示されるとの報に接しました。

そして、10月には、セーヌ河から、艀に乗せられた車両が出航したとも報じられました。

会期は延長されて、2022年1月12日までとなっております。

Insatagramには、#orientexpressexhibitionsgのハッシュタグをつけて数多く投稿されています。


https://www.instagram.com/explore/tags/orientexpressexhibitionsg/


一方、南仏アルルのエスパス・ヴァン・ゴッホ (Espace Van Gogh)では、Oreint Expressの写真展が2021年7月4日から9月26日まで開催中だそうです

SNCFのサイトでは、展示されている写真家のEva Gravayatの作品を紹介しております。

元記事でも紹介されている、Eva Gravayatの作品を含むオリエント急行本は、こちらです。

私も買い求めております。

オリエント急行の歴史だけでなく、ワゴン・リ社の寝台車とそれをめぐる風俗など、楽しめる1冊です。

Orient Express – FDD(オリエント急行基金)は、この展示会にあたって、Instagramのアカウントに展示の模様や写真集のページなども公開しております。


https://www.instagram.com/orientexpressheritage/


オリエント急行というのはインスタ映えする素材なのでしょうか。
Instagramには、#orientexpressのハッシュタグをつけて10万件近く投稿されています。

今回紹介した、リール・フランダース駅やシンガポールでの展示だけでなく、先日投稿したORIENT EXPRESSのブランド、ベニス・シンプロン・オリエント急行などなど。
観ていて飽きません。


https://www.instagram.com/explore/tags/orientexpress/

スイスアルプス・トレッキング 1986年

9月が近づきますと、「Facebookでの過去の思い出」と題して、1986年にヨーロッパを旅行した折の写真が表示されます。


今年も、ヨーロッパに向かう飛行機から撮影した夕陽の画像が表示されました。


トーマス・クックの時刻表掲載の地図です。この時は、パリからTGVでローザンヌへ。Inter Cityを乗り継いでスイスを移動し、TEE ラインゴルドでマンハイムまで向かい、フランクフルトとケルンの間はIncerCityで往復しました。

 

スイスでは、スイスアルプスの麓をトレッキングするのが目的でした。

 


ツェルマットからロープウェイを乗り継ぎクライネマッターホルン(標高3883m)まで上り、帰路は、シュバルツゼーから、マッターホルンを眺めながらツェルマットまで下山しました。


クライネマッターホルンの展望台からは、遥かヨーロッパ最高峰のモンブランとその右に離れてグランドジョラス北壁も望まれました。


マッターホルン北壁をバックに記念撮影

 

ツェルマットからグリンデルワルトまでは、列車を乗り継ぎ移動しました。

 


グリンデルワルトから登山電車を乗り継ぎユングフラウヨッホ(標高3466m)まで上り、帰路はアイガーグレッチャーで登山電車を降り、クライネ・シャイデックを経て、アイガーを眺めながらグリンデルワルトまで下山しました。


ユングフラウヨッホからのアレッチ氷河です。下流は、ローヌ河となり地中海に注ぎます。


アイガー北壁をバックに記念撮影


グリンデルワルトのシンボルともいえるヴェッターホルン

 

一人旅の個人旅行ですので、旅程を自由にゆったりと組むことが出来、スイス滞在の4日間のうち、トレッキングをした2日は好天でしたが、残りの2日は微妙な天気で、本当に運もよかったです。

また、グランドジョラスは遠望でしたが、アルプスの三大北壁を実際に目にすることが出来ました。

 

以下は、本ブログに投稿した、1986年のヨーロッパ鉄道旅行の記事です。

尖った文体は、お恥ずかしい限りです。

新型コロナウイルス感染症が、早く収束し、また自由に海外旅行が出来る時が、待ち遠しいです。

Orient Express と Louis Vuitton

Instagramのタイムラインを振り返って眺めていましたら、「ORIENT EXPRESS SARAH MOON 」という本が写真集が発売されていることを知りました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Orient Express – FDD(@orientexpressheritage)がシェアした投稿

どういう本?、どこで売っているの?と、Google先生にお世話になりますと、Sarah Moon (サラ・ムーン)は、フランスのファッション・カメラマンで、どうやら ルイ・ヴィトンの「ファッション・アイ」コレクションの1冊として発売されているとのこと。

在庫を調べたとこと、梅田と心斎橋に在ることが判明。7月のある日、ブティックに足を運びました。

数千円の本ですが、ルイ・ヴィトンのバック等を購入した時と同様の丁寧な包装です。
ページをめくると、ラリックのパネルやワゴン・リのエンブレム。2015年に乗車した時のことを思い起こし懐かしい想いに。
全ページの内容は、早送りですが、YouTubeの動画でご覧いただけます。

ブティックでの購入時、店員さんとは、オリエント急行に乗車した旨や、2016年に東京で開催されたエキシビジョンについて、話を咲かせました。

東京出張の折エキシビジョンを観覧しました。
寝台車のモックアップの背景に車窓の風景に見立てた動画を流しておりました。
その前年の2015年、グラン・パレで展示されたエキシビジョンの公式PV

「旅するルイ・ヴィトン」というテーマのとおり、船・飛行機・列車などの旅に、ルイ・ヴィトンのトランクなどが使われてきた歴史が展示されていました。

ソファーに置かれた本にも掲載されていた、駅のプラットホームで、ヴィトンのトランクに腰掛けるカトリーヌ・ドヌーブ
2007年08月29日の日本経済新聞に、ルイ・ヴィトンの全面広告として掲載されて1枚と同じだそうです。

カトリーヌ・ドヌーブの広告のメイキング・ビデオ
ルイ・ヴィトン パリ 2012-13秋冬コレクションのファッション・ショーです。
ショー開始とともに、蒸気機関車に牽かれた列車が入線し、プラットホームに見立てたランウェイをファッション・モデルが練り歩きます。
ファッション・ショーのメイキング・ビデオです。
字幕がオンにして、自動翻訳の言語を日本語に設定してご覧ください。

トランク工場として創始され、世界初となる旅行用鞄の専門店をパリ創業したルイ・ヴィトンだけに、演出も憎いですね。

VSOE Paris to Istanbul 2019

Venice Simplon Orient Express (VSOE) は、年に一度トルコのイスタンブールまで運行します。

往路は8月20日15時53分にパリを出発し、6日目の8月25日15時18分に到着するスケジュールです。

昨年2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により運行が中止となりましたが、例年ですと、そろそろYouTubeやTwitterに目撃情報が上がってまいりますので、SNS上で網を張っていましたところ、次のような投稿がありました。

残念ながら今年は、VSOEのパリーイスタンブール間の運行は中止になったようです。

一昨年の2019年、トルコの新聞社 Daily Sabah (デイリー・サバ) のサイトに、VSOEがイスタンブール駅に到着した記事が掲載されました。

Belmond社のVSOE Istanbul便の公式スケジュールのページ。

当時のページはすでに更新されておりますので見れませんが、2019年は、往路はパリを8月23日に出発し、イスタンブールに28日に到着するスケジュールでした。

1日目 8月23日 パリ出発
2日目 8月24日 ブダペスト到着
3日目 8月25日 ブダペスト出発
4日目 8月26日 ブカレスト到着
5日目 8月27日 ブカレスト出発
6日目 8月28日 イスタンブール到着

レギュラーのツアーでは運行されない、ハンガリー以東のルーマニアやトルコでの動画がYouTubeにアップロードされておりましたので、以下に紹介しましょう、

8月25日 ハンガリーからルーマニアに入りエピスコピア・ビホル(Episcopia Bihor)を通過
ルーマニア オラデア(Oradea)で運転停車
8月26日 シナヤ(Sinaia)付近を通過します。
ブカレスト(Bucharest)に到着です。
ルーマニアからブルガリアに入りカルノバトで運転停車
8月27日 ブルガリア・ルーマニア国境の小駅ルセ(Русе)到着、地元民が大歓迎 です。

往路は、黒海沿いのバルナ(Варна)を経由しました。

8月28日 トルコ入国ーイスタンブル到着

イスタンブル到着のシーンはインスタグラムから

復路はイスタンブールを8月30日に出発し、パリに9月4日に到着するスケジュールです。

1日目 8月30日 イスタンブール出発
2日目 8月31日 ブカレスト到着
3日目 9月1日 ブカレスト出発
4日目 9月2日 ブダペスト到着
5日目 9月3日 ブダペスト出発
6日目 9月4日 パリ到着
8月30日 ブルガリアのゴルナ・オリャホヴィツァ(орна Оряховица)で、地元民が見守る中運転停車
インバノボ(Инваново)を通過
8月31日 ルーマニアのヴラシュカ付近を通過します
まもなく、ブカレストに到着です。
9月1日 ブカレストで方向転換して出発

Il Treno della Dolce Vita でOrient Express が走ったイタリア同様、レギュラーのツアーでは運行されない国々では、大歓迎だったようです。

VSOEをパリからイスタンブールまで乗車した方がYouTubeに動画をアップロードされておりますので、以下に紹介します。

ルーマニアのフォーラムでも2019年のVSOEの運行について、画像が寄せられていました。

検索にあたり、orient express のブルガリア語 Ориент Експрес も記憶に残りました。

 

来年2022年は、往路パリ出発が8月26日、復路イスタンブール出発が8月31日とのことです。

新型コロナウイルス感染症が収束され、無事運行されることを楽しみにしております。

l’Orient Expres – Il Treno della Dolce Vita – 2

イタリアに渡った SNCF (フランス国鉄) 所有のl’Orient Express 客車。シチリア島の往復の後は内陸部に向かいました。
前回同様 YouTubeにアップロードされた動画を、記事にまとめてみました。

E656型電気機関車に牽かれローマ テルミニ駅を出発します。

イタリアのニュースサイト ReteAbruzzo.com の記事によりますと、7月11日 ローマ中央駅を出発し、アペニン山脈を越え、イタリア中央部のアブルッツォ州スルモーナ(Sulmona)を経て、ロッカラーゾ(Roccaraso)を往復しました。

スルモーナでD345型ディーゼル機関車に交換しました。
アペニン山中を走行するl’Orient Express VSOEの走るアルプス山中とは異なる光景が新鮮です。
沿線では、初めて見るオリエント急行の客車は大歓迎だったようです。前回同様、これ以外の動画もYouTubeのプレイリストに登録いたしました。お時間があれば、ご覧ください。

イタリアの鉄道ポータルサイトFerrovie.it で、この時の運転の記事が詳細に掲載されております。