男の隠れ家 7月月例ミーティング

関西を中心としたZゲージ鉄道模型の愛好者のグループ「Baden谷九」の7月の月例ミーティングは、津守事務所に2名のメンバーと在宅の9名のメンバーがzoomで接続し、計11名の参加で開催しました。

今回のテーマは、10/3(土)予定で準備を進めている Osaka Z Day 2020 について。
新型コロナウイルス感染拡大防止の見地から、京を中心に大阪や京都でも感染者が再び増加しつつある昨今、一般来場者と交流するという形での開催は見送り、年内にオンラインイベントとして開催する方向となりました。

オンラインではZゲージの車両やレイアウトを生で見てもらいながら交流するという最大の魅力は失われるわけですが、一方で次のようなメリットもあります。
・出展者、来場者ともに、地理的制約なく日本中、世界中から参加いただける。
・カメラでうまく寄れば、肉眼では見えにくい細かな点まで見てもらえる。
・繰り返し同じ説明をするのは疲れてくるが、録画であればその心配は無い。
・イベント後もその内容をHPなどに載せておける。
メンバーの知恵と工夫を集めて、オンラインならではの魅力あるイベントとなるようにしたいと思います。
今後アイデアを出し合いがなら詳細を検討していきますので、ご期待ください。

打合せの後は、先日来話題になっているロクハンモーターへの換装について。
・現在品切れ中のモーターの入手について。
・工具の取扱いや工法について。
など情報が交換されました。

7月18日(土) 開催予定のモータ換装&DCC部会では、更に深度の深い議論となるでしょう。

男の隠れ家 6月月例ミーティング

関西を中心としたZゲージ鉄道模型の愛好者のグループ「Baden谷九」の6月の月例ミーティングも津守事務所に4名のメンバーと在宅の5名のメンバーがzoomで接続し、計9名の参加で開催しました。

議題は、Osaka Z Day 2020について、共同レイアウト制作作業の今後について、今後の活動について、でした。

昨年は、事務所の引越のため開催できなかった Osaka Z Day ですが、今年は新型コロナウイルスの感染防止対策を施したうえ、場所をこれまでの天王寺区上本町の大城ビルから、西区北堀江の大阪市立西区民センターに移して下記のとおり開催することを決定しました。

○名称:鉄道模型ジオラマ展示・運転会 Osaka Z Day 2020
○会場:大阪市立西区民センター 3階 第4・第5会議室
○日時:2020年10月3日(土) 12:00~15:30
○内容:
・レイアウト展示・運転
・ネット配信
・その他

また、共同レイアウト制作作業の今後については、
・教会周りとその前の公園と町並みを中心に整備を進めることになりました。
・定例ミーティングだけでなく、作業日を設けて促進するようにします。

このほか、今後の活動についても、定例ミーティングの復活と、定例ミーティング以外に、様々な企画をオンラインを含めて検討することとなりました。

Osaka Z Day 2020の開催まで3か月余り、出展物にいくらか手を加えたいと思っているところです。

Sommer-Neuheiten 2020

先日、メルクリン社から今夏の限定品 Sommer-Neuheiten 2020 が発表になりました。

Zゲージの新製品は

80830 Märklin Magazin Z Gauge Annual Car for 2020
81302 K.P.E.V. Provincial Railroad Freight Train Set
の2種類のみ。
一つは、毎年発表のメルクリンマガジン記念貨車ですので、実質1種類という寂しい限りです。

また、ところで、メルクリンの新製品の出荷情報が更新されております。
https://www.maerklin.de/fileadmin/media/produkte/Liefrtermine/Liefertermine_Maerklin-Neuheiten_2020-05.pdf

87297 Doppelstockwagen-Set がようやくリリース
88025 Draisine Klv 20 も来月に
しかし、88231/88232 Vectron は来年になるようです

男の隠れ家 5月Zoomミーティング

関西を中心としたZゲージ鉄道模型の愛好者のグループ「Baden谷九」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が発令されたため、4月の月例ミーティングは中止となり、5月の月例ミーティングも津守事務所でミーティングは開催せず、Zoomを利用したオンラインのミーティングが5月16日(土)9名の参加で開催しました。


久々に顔を合わすメンバー、初対面のメンバーもあるということで、まずは自己紹介と近況報告


私は、Zoomの壁紙に、レイアウトの背景に使用している背景画像と、今年の新製品のロクハンのお召列車とKATOのレーティッシュ鉄道の食堂車を披露しました。

皆さんは、製作中のレイアウトや車両、購入予定品といったZ談義のほか、自動車談義、外出自粛中のテレワークの実情などなど様々な話題に盛り上がりました。

昨年は事務所移転のため、オープンイベントを開催しなかったため、今年こそと会場を確保しておりましたが、新型コロナウイルスの収束が見られないなか、どのような形態で開催するか、中止するかなど意見交換を行ったほは、月例ミーティングについても、密を避けるためにも、Zoomを利用したオンラインミーティングを重ねながら、オープンイベントを如何に開催するかという方向で進めることとなり、また、オンライン飲み会も開催する予定です。

アイーダ – フェニーチェ堺

今年の音活 第一弾は、1月12日にフェニーチェ堺(旧堺市民会館)で開催された、堺シティオペラ第34回定期公演「アイーダ」

堺市民会館には、子供の頃から幾度となく訪れたことがありましたが、堺市から居を離れて以来、ご無沙汰でした。
2019年10月にフェニーチェ堺としてリニューアルオープンし、本公演はそのオープニングラインナップの一つ。


席は、リーズナブルな3階のC席ながら、右袖の後方と舞台を見渡せる好位置。


幕間はお決まりの液体燃料の補給を。シャンパンを思いましたが¥にびっくり白ワインに。

オペラ観劇の際は、いつもどなたかにお会いしますが、この日もN先生に。合唱のお友達が出演されておられるとか。


アイーダといえは、凱旋行進曲そしてこのアイーダ トランペット
開演前、何故に両サイドのバルコニーが空いているのかと思っておりましたら、凱旋の場で、アイーダ トランペットを抱えた奏者さんが、バルコニーに立ち演奏です。
こういう演出も良いですね。

公演の詳細は、私が記すよりプロの方の文章をお読みください。
堺シティオペラ第34回定期公演《アイーダ》|能登原由美 –

 

アイーダの観劇は、ミュージカル1回、オペラ1回と、今回で3回目

アイーダ|劇団四季

ミュージカルでもオペラでも、それぞれの良さがあります。

 

今年は以下の6公演の席を確保しております。公演中止とならないことと、ウイルスの蔓延が抑えられることを願っております。