Marklin Z Neuheiten 2020

メルクリン社の2020年の新製品が、本日1月16日に発表となりました。

例年のように、カタログからZゲージの新製品を抜粋して紹介しましょう。


今年は次の36点です。

80031 Z Gauge Museum Car for 2020
80330 Z Gauge Insider Annual Car for 2020
80420 Z Gauge Easter Car for 2020
81390 “175 Years of Railroading in Württemberg” Train Set
82229 Heavy-Duty Transport Car Set
82325 “Aral” Tank Car Set
82384 Type Hbbins Sliding Wall Boxcar
82426 Sliding Tarp Car Set
82498 American Freight Car Set
82533 “Green Cargo” Freight Car Set
86090 Freight Train Baggage Car
86689 Freight Car Set
87073 “Deutsche Weinstraße” Pair of Cars
87162 Commuter Passenger Car
87210 Entertainment Car
87211 “Compartment Car” Passenger Car Set
87241 IC Compartment Car
87252 IC Open Seating Car
87340 IC Compartment Car
87343 ÖBB Passenger Car Set
87357 Express Train Skirted Car Set
87742 IC Dining Car
88231 Class 193 Electric Locomotive
88232 Class 193 Electric Locomotive
88275 Class 41 Oil Steam Locomotive
88484 Class RE 14 Electric Locomotive
88527 Class 120 Electric Locomotive
88545 Class 103.1 Electric Locomotive
88615 GP 38-2 Diesel Electric Locomotive
88637 Class MV Diesel Locomotive
88669 Class V 216 Diesel Locomotive
88791 Class 216 Diesel Locomotive
88856 Class 03.10 Express Locomotive with a Tender
88880 Class 2016 Diesel Locomotive
88931 Class 85 Steam Locomotive
89011 Kit for 6 Railroad Telephone Booths

英文カタログはこちらから

速報でも紹介しましたが、ジーメンス(Siemens)社の新型電気機関車Vectronが、
88231 Class 193 Electric Locomotive
88232 Class 193 Electric Locomotive
DBAGとSBB Cargoの塗装で。

Deutsche Weinstrasse塗装の3軸客車が、以前はサードパーティのSCHOLZ MODELLEISENBAHNENからリリースされておりましたが、
87073 “Deutsche Weinstraße” Pair of Cars
として、いよいよ本家からのリリースです。

MHI(Maerklin Haendler Initiative)(限定生産品)30周年を記念して、今年も多くのMHI製品が発表されましたが、その中でも
87210 Entertainment Car (ディスコカー)は、どうやらディスコの照明付きのようです。

詳しくはカタログをご覧ください。

Marklin Z Neuheiten 2020 予想

今年の新製品の発表の時期が近づいてまいりました。
メルクリン社は、1月16日午後1時(現地時間)の予定とのことです。

に投稿された、リーク情報によりますと

88231 E-Lok BR 170 DB Rail Schenker

88232 E-Lok BR 193 SBB Cargo Int.,E

と、ついにVectronが2種
楽しみです。

Herbst-Neuheiten 2019

メルクリン社の本拠ゲッピンゲンで開催されている、Die 12. Märklin Tage und die 36. Internationale Modellbahnausstellung Göppingen(第12回メルクリン記念日・第36回国際鉄道模型展示会ゲッピンゲン)において、今年も、メルクリン 秋の限定品が発表となりました。



https://www.maerklin.de/en/products/product-information/catalogs/new-items/

この中で、Zゲージ関連は次の6製品



80629 Z Gauge Christmas Car for 2019
82170 Type Gl Dresden Boxcar in Real Bronze
82436 Dump Car Set
88217 Class 212 Diesel Locomotive
88565 Class Ce 6/8 III “Crocodile” Electric Locomotive
88677 Electric Locomotive, road number 101 064-4
恒例のクリスマス貨車をはじめとする貨車、ブロンズ製のクロコダイルと貨車、メルクリン160年記念塗装のBR101などといった内容です。

英語版カタログはこちらから、ダウンロードできます。
http://streaming.maerklin.de/public-media/hn19/EN_mae_henh2019.pdf

Sommer-Neuheiten 2019

昨日、メルクリン社から今夏の限定品 Sommer-Neuheiten 2019 が発表になりました。

Zゲージの新製品は、
80829 Märklin Magazin Annual Car in Z Gauge for 2019
81356 “Commuter Service” Train Set
88636 Class 1100 Diesel Lokomotive
89023 Vehicle Set
の4製品と今年は少し寂しいラインアップ

80829は、恒例のメルクリンマガジンのロゴ入り貨車。
88636は、スウェーデンの鉄道事業者TÅGABのディーゼル機関車ですが、映画「ダンサーインザダーク」の撮影のためにアメリカの「グレート・ノーザン鉄道」塗装がされています。

今回、メルクリン社は新製品の発表にあたってライブ配信しましたが、Youtubeでご覧いただくことが出来ますが、Zゲージの製品発表はスライドのみです。

今年は、シンプロン・オリエント急行(VSOEとは異なります)が1919年の運行開始から100周年ということで、H0モデルからは特別セットが発表されます。

現在も運行されている客車のタイプとか異なりますが美しいですね。

ロクハンの新製品 – ボンネット型485系

かねてから、製品化が予告されておりました、ロクハンのボンネット型485系(国鉄485系特急形電車 初期形 ひばり)の発売がアナウンスされました。
製品は、「国鉄485系特急形電車 初期形 ひばり 国鉄色(クロ481) 6両基本セット」「国鉄485系特急形電車 初期形 ひばり 国鉄色 7両増結セット」の2種です。
発売は今秋とまだ少し先になります。

485asobi6.png
ロクハン - 新着情報より

基本セットのボンネット型先頭車のうち、1両はグリーン車のクロ481
増結セットには、食堂車のサシ481とグリーン車のサロ481
が含まれており、合わせて13両編成
ヘッドマークは「ひばり」のほか「やまびこ」・「あいづ」と交換可能とのことです。

待望のボンネット型485系ですが、関西在住の私にとってクロ481は馴染みの無い車両で、このセットを買い求めて「なんちゃって雷鳥」という気分にはなりませんので、今回は見送りです。
以前に紹介したEF65 1000番代も初期型ということですので、ブルートレインの牽引や、現在でもコンテナ列車を牽いて活躍中の下枠交差型パンタグラフのタイプとは異なるので、食指が動きません。
ロクハンさん、なかなか「これは欲しい!」という製品を出してくれません。私が世間のニーズとはズレているのかもしれませんが。おかげで財布にやさしく有難いところです。

しかしながら、日本の特急電車の代表格ともいえるボンネット型485系が発売されるのは望ましいところです。この機会に日本型Zゲージのモデラ―が増えれば良いですね。