Zゲージ車両模型の製作

オリエント急行やラインゴルトを走らせたくてZゲージ鉄道模型を始めたのですが、Zゲージの車両は、NゲージやHOゲージに比べて発売されている車両の種類は少ないため、他にも走らせたい列車があるものの、そこは我慢のしどころでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Osaka Z days 2017 28/Oct/2017. 特別企画「ヨーロッパの名列車」で走らせた列車たちと、日本型車両. #Zゲージ #国境なき運動会

Yukio Kashiwaさん(@jkashy)がシェアした投稿 –


食玩のモデルのほか、3Dプリント出力サービスのShapwaysやディスプレイモデルのAtlas Minitrains、ペーパークラフトなどのボディを走行化改造しておりますが、素材の確保の割には改造の進捗が進まず、「仕掛り大魔王」と某ブログで呼ばれてしまっております。
仕掛品の山を解消して励みとするため、こうしてアーカイブに整理して公しました。

その後、2020年及び2021年開催のオンラインイベント Osaka Z Day オンラインにおいて、Zゲージの車両制作について発表する機会を得ました。
発表の模様は、YouTubeで公開しておりますが、この2つのイベントの記事を追加いたしました。

また、現在 Googleで「Zゲージ」をキーワードで検索しますと、私のサイトの中では、このページが一番最初に表示されます。車両制作については、本格的に行えているわけではないのですが、お手軽車両制作の一例として、参考にしていただければ幸いです。

2022.01.25


北斗星

2007年秋に北斗星に乗車して北海道を訪れたことから、この北斗星を模型で走らせてみたいと思ったところ、2005年にタカラから「マイクロゲージ」という電池式の模型が食玩として発売されており、2007年には、アキアから北斗星の牽引機であるEF81がZJゲージとして発売されたことから、マイクロゲージの客車にアキアから食玩として発売されていた485系特急電車の模型の下回りを組み合わせて、このEF81に牽かせたものです。


近鉄電車

平成21年3月に近鉄百貨店が鉄道ジオラマ「名勝地シリーズ」として、近鉄沿線の名勝地をZゲージサイズのミニジオラを企画販売した折に、6種類の近鉄電車もZゲージサイズで発売されました。
そこで、近鉄鶴橋駅構内にあった 鉄道グッズショップ「GatanGoton」で通勤型の1230系と特急型の12200系を2両づつ買い求め、下回りをアキアの485系のものと置き換え、パンタグラフはTOMIXの新幹線用を使用し、Zゲージ化改造したものです。


Le Mistral

パートワーク雑誌の出版社のデアゴスティーニ・グループの1社であるAtlas出版より2012年にAtlas Minitrainsとして世界の名列車がZゲージサイズで発売され、ドイツ等のZゲージコミュニティでは、Zゲージ化について賑わっておりました。

Atlas社はフランスの出版社で、フランス国内をターゲットにTRAIN BLEUとLe Mistralが販売されており、フランスのZゲージコミュニティLe Z forumで、機関車のCC7100はメルクリンのBR103の下回りで、客車もメルクリン客車の下回りを利用して改造した記事が投稿されており、それを参考にCC7100はBR103より、客車はちょうど3D出力サービスのShapewaysで走行化改造用の床板と台車が発売されましたので、これらを組み合わせて走行化改造したものです。
Berlinanhalterbahnhof


TGV

TGV (Train à Grande Vitesse テジェヴェ) いわゆる、フランス国鉄 (SNCF) 新幹線です。
1986年に初めて海外旅行した折にパリからローザンヌまで乗車しました。
以前からZゲージでも走らせたい思って、TGV-Webで公開されているペーパークラフト素材を用意しておりました。
Osaka Z Days 2017 の開催が近づき、特別企画「ヨーロッパの名列車」になんとか間に合わせたいと、思い腰を上げた次第です。

RZモジュールの上を快調に走行しております。


Settebello

パートワーク雑誌の出版社のデアゴスティーニ・グループの1社であるAtlas出版より2012年にAtlas Minitrainsとして世界の名列車シリーズがZゲージサイズで発売されました。
これまでに、フランスのパリとニースを結ぶ特急「ミストラル(Le Mistral)」の走行化改造を行いましたが、この度 私が参加している、関西を中心としたZゲージ鉄道模型の愛好者のグループ「Baden谷九」によるオープンイベント「Osaka Z Day 2018」に、イタリアからゲストを迎えることとなり、歓迎の意を表して、シリーズの中の、イタリアのローマとミラノを結ぶ特急列車「セッテベロ(Settebello)」をロクハンから発売されているZショーティシリーズの動力ユニットを組み合わせて走行化改造を行いました。


Osaka Z Day 2020 オンライン – 「Z進化形としての私の楽しみ方」車両自作編

私が所属するZゲージ鉄道模型クラブ「Baden谷九」が2020年12月5~6日に開催した、オンラインイベント「Osaka Z Day 2020 オンライン」において、「『Z進化形としての私の楽しみ方』車両自作編」のテーマで、発表を行いました。

発表の内容は、これまでの自作した車両の紹介ということで、このページの内容に沿って、実際に制作・加工した車両をご覧いただきながら紹介いたしましたが、パワーポイントの準備が整わずライブ配信ではgdgdになってしまいました。

発表の模様は、ライブ配信したを、Baden谷九のYouTubeチャンネルでご覧いただけます。


Osaka Z Day 2021 オンライン – ワークショップ「車両自作の楽しみ」

私が所属するZゲージ鉄道模型クラブ「Baden谷九」2021年12月25日に開催した、オンラインイベント「Osaka Z Day 2021 オンライン」において、「ワークショップ『車両自作の楽しみ』」のテーマで、発表を行いました。

発表と言いましても、私自身の作品の発表ではなく、Zファミリーの渡辺進氏の既製品改造及びNゲージ製品を縮小カラーコピーしたペーパーボディによる自作方法について、ご本人からご教示いただいた内容を基に、パワーポイントにまとめて発表したものです。

パワーポイントでの発表の模様は、ライブ配信した動画を編集し、Baden谷九のYouTubeチャンネルでご覧いただけますが、当日使用したパワーポイントのドキュメントについては、こちらからダウンロードいただけます。よろしければご覧ください。

また、渡辺氏の車両やレイアウトについて撮影した動画をYouTubeの再生リストに登録しております。ご覧になりたい動画のサムネイルをクリックしますと、動画が再生が始まります。