TEE Mistral

一昨年秋に買い求めた “LE SOUFFLE DU MISTRA”
Mistral3
パリ・リヨン駅とコータ・ダ・ジュール ニースを結ぶ豪華列車「ル・ミストラル」について詳しい解説とともに写真で紹介されている。
残念ながらフランス語も全く理解できないので、写真だけを眺めるのみだが、運行開始から終焉まで、十分に愉しむことができる本だ。


Mistral4
コート・ダ・ジュールの紺碧の海岸を走る風景を一度は訪れて眺めてみたいものだ。
今では、この地はTGVが運行されている。


Mistral5
バーやラウンジだけでなく、美容室まで備え「走る豪華ホテル」と称された室内もこのように紹介されている。


さて、デアゴスティーニグループのAtlas Edition社より220分の1のデスクトップモデル”Mini Trains”が頒布されている。
オリエント急行やシベリア鉄道、日本の新幹線0系まで、世界の名列車が220分の1つまりZゲージサイズでリリースされているので、以前から興味を持っていた。
昨年末、Atlas Edition社のフランス・サイトで通販されているのを偶然みつけ、日本に直接発送は不可ということなので、輸入代行業者を通じ、数セット買い求めた。
Mistral1
1952年 – 1960年にかけてパリ – リヨンを牽引していた、CC7100形電気機関車とミストラル56型のステンレス客車2両の計3両のセット。
客車は1等・2等の組み合わせだが、ル・ミストラルは1等車のみで構成されていたと思っていたがいかがなのだろうか。


Mistral2
TOMYTECの鉄道コレクションのようにダミーの線路に並べるようになっている。


メルクリンやロクハンの車両と比べると値段が値段なので、それはそれなりの仕上がりだが、そこは、Zゲージ化して動かしたくなるのが人情。
作業は、現在進行中ということで続編を乞うご期待。

Eisenbahn Journal 2010/07

EJ201007
Twitterでつぶやいたように、先日SAL便でEisenbahn Journal 2010/07号がドイツから届いた。
毎月20日前後の発行なので、約10日で届いたことになる。
1975年から発行されており、前半が実際の鉄道、後半が鉄道模型の二部構成
残念ながら、今号はZゲージの記事はない。

さて、メルクリンのZゲージを始めたのも、オリエント急行のほかにも実際のワイン樽の木を作られたワイン樽貨車があるということを阪急百貨店の店員氏より教えられたことにもよる。
82171 KPEV82173K.W.St.E.

Googleでワイン樽貨車を調べた折に同誌の新刊案内が検索にヒットした。
EJ200504EJ200504_2

EJ200504_3
ワイン樽貨車の実物と模型の紹介が連載されており、それと同時に、ワイン園を舞台にした小型レイアウトの製作記も連載されていた。
この時より同誌との付き合いが始まった。

ドイツ国鉄時刻表 1986夏

雨の中、ドイツより航空郵便が届く。
アイスランド火山の噴火の影響もほぼ静まったようで、5月3日の消印で、4日間に到着
Kursbuch1


eBayに出品されていたもので、発送はドイツ国内のみと記載されていたが、1986年に訪独した旨を伝え応札し、無事落札
Kursbuch2
少々使い古されているが、フランクフルト駅で旅程を組むため繰った事を思い起こさせる。
付録には、路線図に、編成案内、臨時列車の時刻表に、InterCityの連絡早見表、しおり。


Kursbuch3


Kursbuch4
早速、訪独時のFrankfurtからOberweselまで乗車して列車を探す。


Kursbuch5
Oberweslでは、AmsterdamからのRheingoldを迎え撃った訳だが、後続の列車も
IC503 Roland
IC625 Bachus
IC7 Lotschberg
IC505 Senator
IC25 Erasmus
IC Wettwrsten
と1時間余りの間にこれだけの列車が通り過ぎたようだ。
今から思えば、撮影した写真と列車名を控えておけばよいようなものの後の祭り


Thomas Cookの時刻表とともに、グラスを傾けつつ眺め、しばし思い出にひたろう。

Eisenbahn Journal 2009/12

Ej200912_1
話は前後するが、定期購読しているEisenbahn Journal 2008/12号も先週末届いた・
いつもは月末になってから届くのだが、今回は少し早い。
このEisenbahn Journal誌はMIBAと並ぶドイツの鉄道誌で、前半が実際の鉄道、後半が鉄道模型という構成だ。

Ej200912_2
今号の特集は”Nord-Sud-Klassik”
古きHannover-Wurzburg/Frankfurt線の模様を11ページにわたって。

Ej200912_3
模型記事は新製品の紹介に始まり、いくつかのレイアウト・車両の記事が。
今号にはZゲージの記事は残念ながら無いが、目を引いたのが、ワイン工場への引き込み線の記事。
レンガ造りのワイン商社の工場へ、ワイン樽貨車が出入りするシーンは、私も作ってみたいテーマの一つだ。
ドイツ語は解らないが、写真だけでも雰囲気がよくつかめる。

そして、今号にはMIBA誌と共通の付録としてDVDが。
まだじっくりとは観ていないが、鉄道模型レイアウトが立体的に見ることができるのは興味深い・

ドイツから書籍小包 (2)

Beaujolais-nouveau 2009今日:11月第3木曜日はボジョレー・ヌーボーの解禁日
昨夜より、ケレスでのボージョレーヌーヴォーパーティーに参加
カウントダウンと飲み比べを楽しんできた。

Train24さて、寝不足の中、外回りから事務所に戻るとドイツからまた小包が。
月初にtrain24にオーダーした鉄道書。
いつもなら、船便のため50日かかるのが何故か半月で。

MiWuLa前回の記事で紹介した、ミニチュアワンダーランドを紹介したMODELLBAHN KURIER誌の特別号。
昨年にオープンしたスイスのセクションを紹介する最新号からバックナンバーまで大人買い

Buchそして、Geramond社からのハードカバー2冊とドイツ国鉄の列車走行音のCD

各誌の詳細な紹介は折を見て。