最新の記事

京都御所参観に引き続いて、京都迎賓館へ。
こちらは、宮内庁ではなく内閣府の所管。海外からの賓客に対するおもてなしの場として、平成17年に建設されました。


大宮御所の門前から京都御苑の中を進みます。


地下で受付を行い、参観上の注意を聞き、地上に出て正面玄関から入ります。


中に入り廊下を進みますと折り紙をイメージした行灯が灯されています。


最初の参観場所は、ゲストの控室、随行員の待合となっている「聚楽の間」です。


漆、螺鈿、竹工芸などの伝統的な技法が施された飾り台が展示されています。


続いて、会議や立礼式(りゅうれいしき)のお茶のおもてなし、晩餐会の待合として利用される「夕映の間」です。


綴織りの「愛宕夕照」と「比叡月映」の2枚が部屋の左右に 


洋食の晩餐会や歓迎式典の会場「藤の間」です。壁面の綴織りには藤の花が織こまれています。


行灯が灯された廊下を奥に進みます。


和の晩餐室
桐の間」です。


京都迎賓館は、広大な池を中心に、屋内からも眺めることが出来るように構成されております。


東西の建物を廓橋で結んでおります。


廊橋の屋根には4種類の透かしが彫られております。


庭園には、錦鯉が放されており、


天正十七年八月の五条大橋の礎が池に


海外からの賓客に、日本の文化「舟遊び」を楽しんでいただくための「和船」だそうです。


海外からの賓客は、この正門から京都迎賓館に出入りするそうです。


清和院御門より京都御苑を後にします。


帰途、四条河原町の高島屋の地下で手まり寿司を買い求め、その日の夕食としました。

/ 文化・芸術, 旅行, 旅行

ごあいさつ

1995年12月にASAHI-Netでホームページを開設して以来、趣味と仕事との情報発信をインターネットで行ってきました。2004年2月には、MobableTypeによるブログの運用を開始し、2006年3月からは、プライベートのブログをココログにおいて運営してきました。
2018年10月には、プライベートのブログとWEBサイトをWordPressを使用して統合して運用してきましたが、この度、サーバーの高速化及びSSL化と独自でドメインによる運用を開始いたしました。
スマートフォンからのアクセスにも対応しております。
新サイトでも、引き続きメルクリン Zゲージ 鉄道模型をはじめ、旅行記、お酒の音楽の話題など、語っていきたいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019/06/12


…